お金をうまく動かしていこう

MENU

ほとんどが負けるFX

少額から取引可能なことで人気の高いFX取引は、ネット上で言われている情報を信じるとすれば「9割の人が負けている」そうです。この数字にどれほどの信憑性があるのかは分かりませんが、それでも多くの人が負けているのは事実でしょう。

 

と言うのも、FX取引においては顧客の入れ替わりが非常に激しいです。株よりもハイペースで投資家が入れ替わっており、新規参入があってもすぐに撤退し、また新たな新規参入者が登場するといった流れになっています。

 

これはインターネットの掲示板などを見ても分かりますが、「初心者」というのが絶えず存在します。その割にはFX取引の取引高は一時期に比べて落ち着いているので、昔から継続して生き残れている人というのは少ないのです。

 

なぜFXでは負けるのか

先に書いておくと、負けるのは何もFXに限った話ではありません。 株も先物取引も、恐らく個人投資家のほとんどは負けているのが事実です。

 

これは、こういった商品が勝てないようにできているわけではなく、勝てるような取引をしていない事が最も大きな理由となり、取引に繋がるルールの定め方が間違っているというのも理由の一つとも言えます。個人でやるとなるとどうしても全てを自分自身で管理せねばならず、その中でも重要な「リスク管理」が甘いと簡単に資金を吹き飛ばしてしまいます。

 

コツコツと細かく勝ちを重ねていても、一度の大きな負けがあればそれを全て食ってしまいますので、それではトータルでは勝てないです。だからと言って損失の幅を毎回毎回狭めていたのでは少しの逆行で損切りをする事になり、それでもやはり勝つことはできません。

 

このあたりのバランスの取り方が非常に難しく、最終的な勝ち負けを決める最重要ポイントでもあります。

 

FXで勝つためには

FXで勝とうと思った時に、どういった情報を頼りにするでしょうか。 多くの方は多くの人が見るような情報を見て、それを参考にして取引をするかと思いますが、ここで一つ疑問点が生まれてきます。

 

「多くの人が負けているのに、なぜ多くの人が見る情報を信じるのか」

 

ということで、負けている人が参考にしている情報を見たところで勝ちに繋げる事は難しく、寧ろマイナスな要素にしかなりえない情報もあります。

 

FXで勝つためには「情報が大事」なども言われますが、その情報をどこから仕入れるのか、そもそも勝つためには情報が大事というのが本当なのかどうか、そのあたりを全て自分自身で判断していかないと、FXで勝つことは難しいのではないかと思います。